バストアップにはある程度の筋トレは必要になります。

筋トレについて

バストアップの方法でポピュラーなものとしては、マッサージや運動、サプリメントやクリームなどがあります。

また、運動には有酸素運動や無酸素運動がありますが、これに加えて筋トレは実施したほうがいいと考える方も多いと思います。

実際、筋トレはバストアップのための土台作りとしてかなり有効です。


しかし、二の腕が太くなってしまったり、胸の部分も固くなってしまったりと、バストアップというよりも男性的な部分が目立ってしまうのではないか、と悩んでいる方が多くいます。

しかしこれは過度のボディビルドなどをイメージした上でのことであり、適度な筋トレは逆に女性の美しさを演出するためには欠かせないものであると言えます。

結論、女性にとって筋肉は女性らしいやわらかさを支えるための土台として大切です。また、その土台を作るためにきつめのトレーニングだったり、ハードエクササイズをすることはありません。

まず、胸周りで大切な筋肉が大胸筋です。この筋肉に意識を集中して様々な動きをするだけで、筋肉が柔軟性を持つようになり、同時に張りが出てきますし、膝を付いての腕立て伏せなども効果があります。

とにかくきつい運動ではなく、美しくて張りのある胸を自分でイメージしながらトレーニングする方法が最適です。

胸は大きいほど、またやわらかいほど垂れやすくなりますが、脂肪と乳腺のうち脂肪組織が多いとより垂れが早まってしまいます。

また、日本人の胸は外人よりも脂肪が多いと言われています。ですのでどちらかといえば、固いよりも柔らかいと感じられる人の方が、トレーニングの必要性が増すと言えます。

また、大胸筋のトレーニングだけではバストのサイズアップは難しい場合がありますので、マッサージなどで日々のケアを併用するのがお勧めです。バストアップを成功させるには、バランスよくたくさんの方法を用いていくのがベストな方法だと言えます。

私がお薦めするバストアップの方法は戸瀬恭子先生の「バストあっぷるん」です。何故なら、私がこの方法で2UPに成功したからです。また、私だけでなく延べ12000人の方がこの教材で胸を大きくすることに成功されています。

もし、あなたが自分の小さな胸にコンプレックスを持っているなら1日も早く実践することを強くお薦めしたいと思います。

おすすめのコンテンツ

女性に特に多い首のヘルニアはとても辛い病気です。
首のヘルニアを改善したければこちらの治療法を試してみてください。