バストアップのマッサージを正しく学びたい方はこちらを参考にしていただければと思います。

マッサージの方法について

バストアップの方法といってもたくさんのものがあります。またその中でも基本である、と多くの方が認識しているのがマッサージです。

エステで豊胸をした方はもちろん、手術を受けた方にとってもバストメンテナンスのためには必須ケアと言えます。

では、正しく行うための基本は何でしょう。まず胸やデコルテ部分をマッサージすると血行がよくなります。

このことで栄養分や女性ホルモンがよりスムーズに運ばれるようになりますので、血行をアップさせるマッサージが基本であると考えるのが妥当です。肌にはハリが出てきますし、それだけふっくらとした胸元を演出することができるようになります。

また、具体的なやり方としては、胸を優しく包みながら、下から上に、外側から内側に、が基本です。リンパの通りをよくするために腋や鎖骨などからの血管を揉み解したり、肌ケアのためには専用クリームやオイルなどを用いるのがベストです。

できればリラックスできるようなオイルを使用するとより新地代謝も高まり、継続して実践できる効果も得られます。またクリームやオイルは保湿力に着目したり、肌にハリが出るものを選ぶと効果がアップします。

他には下準備として、入浴後、あるいは入浴しながらでもOKですし、手を温めておくことも大切です。準備が整ったらまず胸の内側から外側に、胸の下側を滑らせるように約10回、この時腋下にあるリンパのツボを意識するのがコツです。

次は胸を下から救い上げるようにするマッサージを10回と、バストの上から顎までのデコルテ部分は下から上に向かって10回、3通りのパターン1日に2順程度がちょうどよい回数です。

忘れてならないのが、バストはデコルテにある皮膚と胸筋が支えています。とくに胸筋を鍛えるとマッサージの効果を長く持続させることができますので、簡単なエクササイズを併用するのがお勧めです。

また、私が特にお薦めしたいのが、戸瀬恭子先生の「バストあっぷるん」教材です。この教材で延べ12000人の方が短期間にバストアップに成功されています。

もし、あなたがなかなか胸を大きくすることができないと悩んでいるのであれば、今すぐこの教材を実践されることを強くお薦めしたいと思います。