バストアップにはかかせないいくつかのエクササイズをお伝えしております。

エクササイズについて

バストアップにも様々な方法がありますが、やはりサイズを大きくするだけではなく、脂肪分を減らして胸を際立たせることも大切です。

健康のためにはエクササイズが大切だ、とよく言われますが、エクササイズをしていると腹部の余分な肉とともにバスト周りも気になってきてしまう、このような場合もしっかりケアしておかないと、身体の色々な部位が気になってストレスも溜まりがちです。

女性の胸は約9割が脂肪分であり、また残りは乳腺です。乳腺が多いとそれだけ胸は垂れにくいと言えますが、日本人の胸は脂肪分が多いタイプであり、外人よりも垂れやすいとされています。

このことからもエクササイズで胸周りを鍛えてバストの張りを高め、形を整えることは必須と言えます。

まずエクササイズに欠かせないのが大胸筋です。胸周りですからハードなトレーニングをイメージしてしまいがちですが、あまりやりすぎると筋肉だけが発達して胸が目立たなくなってしまいますので、適度な運動を心掛けるのが一番です。

具体的には腕立て伏せ、もっとも簡単で効率も高い方法です。女性ですから始めは2、3回でもあるいは形だけでもトライしてみて、徐々に段階的にこなせるようになれば問題ありません。

徐々に胸の形が整ってきたら、その状態を維持する程度に抑えることも秘訣です。他にもシンプルな方法として、タオルエクササイズがあります。

手ぬぐいよりちょっと長めのものを使用して、腕を前に伸ばしてタオルの両端を持ち、そのまま左右交互にグルリと回転させます。

腰を痛めないように加減しながら行うのがコツです。この方法も無理に力を入れないで加減をしながら、筋肉が疲れない程度にするのがコツです。

エクササイズにはストレッチや有酸素運動を併用するとより効果がアップします。ストレッチはエクササイズの後に行うと血行を高めることができ、胸に栄養分がより多く吸収されますし、有酸素運動もバストの整形に威力を発揮します。

このようにエクササイズには色々と種類がありますが、私が特にお薦めしたいのは戸瀬恭子先生の「バストあっぷる」教材です。この教材で私自身がバストアップに成功しましたし、私以外にも延べ12000人の方がバストアップに成功されています。

もし、あなたが色々な方法を活用したにも関わらず、なかなかバストアップをすることができなかった、と悩んでいるのであれば、戸瀬恭子先生の教材を実践することをお薦め致します。